60歳定年法

【読み方】ろくじゅっさいていねんほう
【英語】retiring age law at 60

60歳定年法とは何ですか?簡単に

60歳定年法(ろくじゅっさいていねんほう)とは、定年制において「60歳を定年と定めた法律」のことです。

日本では1959年に「定年制」が導入されました。

当時の定年は55歳が一般的でしたが、近年、平均寿命が伸びていること、また厚生年金の支給年齢が65歳まで引き上げられたことにより、無収入の期間を防ぐために、「65歳」まで働ける環境づくりが進められています。

【関連する用語】:65歳定年制

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー