安山岩

【読み方】あんざんがん
【英語】andesite

安山岩とは?

安山岩(あんざんがん)とは、火成岩の一種であり、花崗岩(かこうがん)に次いで、墓石に多く使われている石材です。

海外でも産出されており、英語では「andesite」と訳されます。

安山岩の種類と産地

安山岩の種類は、「本小松石」「伊達冠石」「本山崎石」の3つあります。

本小松石

本小松石(ほんこまついし)の主な産地は「神奈川県 足柄下郡真鶴町」。安山岩の中でも最高級品に数えられ、淡い緑色で、加工する毎に灰色っぽく変化していくのが特徴です。

大正天皇、昭和天皇の墓石にもなっています。

伊達冠石

伊達冠石(だてかんむりいし)の産地は「宮城県丸森町」。赤土の土壌から掘り出され、赤茶けた色が特徴であり、芸術彫刻にも利用されている、美しい艶を放つ安山岩です。

本山崎石

本山崎石(もとやまざきいし)の産地は「山梨県甲府市」。採掘量も極わずかなため、墓石として使用されることは減っています。

安山岩の硬さ

安山岩の硬さは、石材の中で2番目に硬い鉱石です。

石材の強度は、「花崗岩(御影石)→安山岩→大理石→砂岩」といった順で軟らかくなります。

安山岩の用途

安山岩は耐久性・耐火性に優れており、墓石のほか、建築・土木用の石材として、コンクリートの骨材、石壁や石垣の庭石などに利用されています。

【関連する用語】:

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー