07-4

デジタル終活とは?わかりやすく解説!

現代社会はパソコン・スマートフォンが当たり前の時代であり、デジタル終活は生前整理において不可欠なものになっています。

今回は、「デジタル終活」とは何か?デジタルデータを整理する必要性や方法についてやさしく解説します。

デジタル終活とは?

デジタル終活をする人

デジタル終活とは、パソコンやスマートフォンに保存されたデジタルデータ(デジタル遺品)を生前整理することをいいます。

いまは若い世代だけでなく高齢者もパソコンやスマートフォンを使いこなしています。

「見られては困るデジタルデータが残っていた」「大切な情報が残っていない」ために、トラブルが発生するケースはとても多いです。

そうならないためにも、「デジタル終活」を進めていきましょう。

デジタル遺品とは?どんなものがある?

パソコン・スマホ インターネット上 その他

デジタル遺品とは、パソコンやスマートフォンなどのデジタル端末やインターネット上に残されたデータのことです。

まずは、デジタル遺品にはどんな種類があるのかを見ていきましょう。

①パソコン、スマートフォンなどに保存されたデータ
「写真・動画・日記・趣味・本(電子書籍)・資料・住所録」など

②インターネット上のデータ
・SNS、ブログ、ホームページ、ウェブサービスなどのアカウント情報(IDやパスワード)
・クラウドストレージ(Dropbox、Evernoteなど)に保存されたデータ
・ウェブメール(GmailやYahoo!メールなど)

③その他
・ネットショッピング、ネットオークション
・ネット金融(銀行、株、FX、仮想通貨など)のオンライン口座
・有料サービス(動画、音楽、書籍など)

などに登録されたアカウント情報や資産

このように、パソコンやスマートフォン、インターネット上にさまざまな個人情報が残されています。

IDやパスワードの管理をはじめ、“どんなデータがあり、それをどうして欲しいか” を伝え、整理するのが「デジタル終活」です。

デジタル終活の必要性

セキュリティロックがかかってファイルが開けない

なぜ「デジタル終活」が必要なのか、何が困るのかを考えていきましょう。

デジタルデータが整理されていないと、例えば次のようなことが起こりえます。

  • ネット証券(株・FX)の口座を見落とし、知らないうちに大きな損失を被る。
  • 有料アプリやコンテンツ、サーバーなどの解約が行われず、死後も継続して引き落とされてしまう。
  • パソコンやスマートフォンから、見られては困るデータが出てくる。
  • IDやパスワードが分からず、遺族がデータを開けない。
  • SNSやブログなどの放置によって、アカウント情報が盗まれる。
  • パソコン、スマートフォンを下取りに出したときに、データの削除が不十分のため、個人情報が流出してしまう。

このように、デジタル情報はあらゆるトラブルの原因になりかねません。

ご家族が困らないために、見られては困るデータを守るために、元気なうちにしっかりデジタル情報を整理しておくことが大事です。

デジタル終活やり方

それでは、デジタル終活の具体的なやり方について紹介します。デジタル終活は、主に次の手順で行います。

  • リストアップ
  • デジタルデータの仕訳け
  • エンディングノートに記載

①リストアップ

オンライン オフライン

デジタルデータは目に見えないものが多いため、まずはデータを「リストアップ」して、デジタル情報を知るところから始めます。

パソコンやスマートフォンに保存された「オフライン情報」と、インターネット上に保存されている「オンライン情報」に分けていきましょう。

オフライン情報 写真、動画、趣味、本(電子書籍)、仕事のデータ、資料、住所録など。
オンライン情報 ・SNS、ブログ、ホームページ
・サーバー、ドメイン
・有料アプリ、コンテンツ、サービス
・ネットショッピング、オークション
・ネット証券(株やFX)

②デジタルデータの仕訳け

デジタルデータの仕訳帳

デジタルデータを次の5つに仕訳けしていきます。

  • 絶対に残す (※重要なもの)
  • できるだけ残したい
  • 絶対に隠す (※見られたくないもの)
  • できるだけ隠したい
  • その他(削除するものなど)

誰にでも、人に見られたくないデータはあります。

「家族に残す重要な情報」「絶対に見られたくないデータ」など、優先順位の高い大事なデータから整理していき、見られたくないデータは専用フォルダを作り、パスワードをかけておくのも手です。

③エンディングノートに記載する

必要な情報はここ! 削除してね!

デジタルデータの整理ができたら、エンディングノートに「重要な情報の格納フォルダやアクセスの仕方」「亡くなった後のデータの処分方法」などをまとめます。

デジタル終活のまとめ

デジタル終活は、現代社会において欠かせないものであり、今後もその重要性は高まっていきます。

必要な情報や希望をエンディングノートに書いておくことで、ご家族に大事な情報を伝え、見られたくないデータを守ることができますので、ぜひ元気なうちにデジタル終活を進めていきましょう。

この記事を家族・友だちに教える

スポンサーリンク

関連記事

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

ホーム 検索 メニュー