墓地埋葬法

【読み方】ぼちまいそうほう
【別名】墓埋法、埋葬法

墓地埋葬法とは何ですか?簡単に

墓地埋葬法(ぼちまいそうほう)とは、昭和23年(1948年)に制定された「お墓や埋葬などに関する法律」のことです。

「墓埋法(ぼまいほう)」や「埋葬法(まいそうほう)」とも略されます。

墓地埋葬法の抜粋

私たちに関わりの深い項目をいくつか抜粋すると、

第3条 埋葬又は火葬は、他の法令に別段の定があるものを除く外、死亡又は死産後二十四時間を経過した後でなければ、これを行つてはならない。但し、妊娠七箇月に満たない死産のときは、この限りでない。

墓地、埋葬等に関する法律 – 厚生労働省

→【ポイント】死亡後「24時間」は火葬をしてはいけない

第4条 埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない。火葬は、火葬場以外の施設でこれを行つてはならない。

墓地、埋葬等に関する法律 – 厚生労働省

→【ポイント】ご遺骨は「お墓」と「指定された場所」以外に埋葬してはいけない

第5条 埋葬、火葬又は改葬を行おうとする者は、厚生労働省令で定めるところにより、市町村長の許可を受けなければならない。

墓地、埋葬等に関する法律 – 厚生労働省

→【ポイント】火葬や埋葬、お墓の改葬をするには許可が必要

散骨は自治体の「条例」に従う

近年は、新しい供養方法が見られ、代表的なものが「海洋散骨」です。散骨については、墓地埋葬法で定められておらず、法務省は、非公式に「散骨は節度をもって行われる限り、違法性はない」という見解を示しています。

散骨については、各自治体が定める条例に従う必要があります。

【関連する用語】:埋葬寿陵土葬火葬仮埋葬シャニダール法定伝染病伝染病予防法感染症予防法返還墓地

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー