法衣

【読み方】ほうえ
【英語】clerical garment

法衣とは何ですか?簡単に

法衣(ほうえ)とは、僧侶が着る服のことです。

もともとは、「僧伽梨(そうぎやり)」「鬱多羅僧(うつたらそう)」「安陀会(あんだえ)」の三衣(さんえ)のことを指していましたが、日本では三衣の下に着用する色服も含めて「法衣」と呼びます

法衣のよくある質問(FAQ)

三衣・法衣・袈裟の違いは?

「三衣」と「袈裟」は同じものです。かつて、インドで出家した人たちが使っていた三衣が発展したものが、いま日本で使われている「袈裟」になります。

「法衣」とは、袈裟の下に着ているものも含めめた総称です。

【関連する用語】:南無袈裟曹洞宗如法衣洋服法衣

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー