法主

【読み方】ほうしゅ、ほっしゅ、ほっす
【英語】high priest

法主とは何ですか?簡単に

法主(ほうしゅ)とは、仏教の教えとなる最高指導者、つまり「仏陀(ブッダ)」のことです。

もともとは、仏さまの呼称でしたが、「宗派の代表者」をさす意味でも使われます。また、仏さまの教えを説く人のことも「法主」と呼びます。

「法主」の呼び方は、宗派によっても異なります。

宗派ごとの代表者の呼び方

【浄土真宗】門首(大谷派)・門主(本願寺派、宗主)
【浄土宗】門主
【天台宗】座主
【日蓮宗】管長(法主)
【禅宗】管長
【真言宗】管長(座主)
【時宗】法主
【法相宗】貫主

【関連する用語】:南無南無釈迦牟尼仏施餓鬼

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー