人生100年時代

【読み方】じんせいひゃくねんじだい
【英語】the 100-year life

人生100年時代とは何ですか?簡単に

人生100年時代(じんせいひゃくねんじだい)とは、「100歳まで生きるのが当たり前となる時代」のことです。

ロンドン・ビジネス・スクール教授のリンダ・グラットンとアンドリュー・スコットが「LIFE SHIFT―100年時代の人生戦略」で提唱した言葉で、世界で話題になり、日本でも広く知られるようになりました。

2019年に厚生労働省が発表した、日本人の平均寿命は「男性81.25歳」「女性87.32歳」で、今後も伸びていくことが予想されます。2007年生まれの子供の半数は107歳まで生きるとする研究もあります。

人生100年時代では、定年退職で現役引退しその後は余生。というこれまでの人生モデルが通用しなくなり、年齢にかかわらず、副業を始める、起業する、など新しい人生設計が必要です。

【関連する用語】:

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー