寝棺

【読み方】ねかん
【別名】棺
【英語】coffin

寝棺とは?意味を簡単に

寝棺(ねかん)とは、「あおむけに寝かせた状態でご遺体を納める棺」をいいます。

かつて、土葬が行われていた時代では「座棺(ざかん)」が用いられていましたが、現在の日本においては「寝棺」が主流となっています。

寝棺の歴史

桶型の座棺

鎌倉時代には「座棺」という樽型の棺が主流でした。座棺は、土葬が一般的だった時代に、担いで運ぶのに便利だったからです。

火葬は江戸時代から普及していき、一度、明治に「火葬禁止令」が出されましたが、土葬が難しかったため、すぐに撤回されてしまいます。

寝棺が一般の人に普及したのは、火葬や霊柩車が普及した比較的最近のことであり、寝棺は、戦後以降の新しい風習であることが分かります。

自体とともに変化する棺の種類

現代の日本においては火葬が一般的なため、天然の木でつくられた木棺や、布をはった布張棺などが主流です。

形も箱型、山型、かまぼこ型などさまざまで、外観に彫刻をした彫刻棺などもあります。

【関連する用語】:座棺火葬霊柩車山型棺出棺インロー棺アール棺平棺輿桶屋

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー