院号

【読み方】いんごう
【英語】form of address

院号とは?

院号

院号(いんごう)とは、戒名や法名の中で、「〇〇院」の字がついたものをいいます。

院号は格の高さを表し、寺院や社会への貢献度が高い人に贈られる戒名のランクです。もともとは天皇や皇族など、身分の高い人につける戒名として用いられていました。

埋葬する際に、仏教徒であれば宗派の戒名をつけます。

戒名の構成

院号 道号 戒名 位号

戒名は「院殿号・院号」「道号」「戒名」「位号」の順に構成され、それらをまとめて「戒名」と呼んでいます。

■院号
「院号」は、天皇や位の高い貴族につけられていた戒名。下に「院」の文字がつきます。

■道号
「道号」は、仏道を極めた僧侶などにつけられる尊称。僧侶の名である法号(戒名)の上につけられます。

■戒名
「位号」は、現代語でいう「様」にあたる意味で、男性は「居士・信士」、女性は「大姉・信女」がつけられます。

院号のお布施の相場

院号はお布施として渡します。

院号は、各寺院が本山に申請する必要があり、一般的に戒名・法名をいただくより、お布施の金額は多くなります。

宗派によっては、100万円以上になることもあるので、分からないことがあれば葬儀社やお寺に相談してみましょう。

昔は、費用に関係なく、お寺への貢献度に対してつけられていた院号ですが、現在では、お金で買えるようになり「院号=高額」というイメージが定着しています。

【関連する用語】:

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー