入滅

【読み方】にゅうめつ
【別名】滅度、寂滅
【英語】the death of Buddha

入滅とは何ですか?簡単に

入滅(にゅうめつ)とは、お釈迦さまや高僧の死に使われる言葉で、涅槃(ねはん)に入ることを意味します。

涅槃(ねはん)とは、サンスクリット語で「ニルバーナ」といい、安楽の世界を意味し、煩悩や執着が消え、心の迷いが無くなった状態をいいます。

煩悩は、お金や愛などの欲望だけでなく、のどの渇きや空腹なども意味しています。涅槃に入るとは、それらが消えた状態、つまり、死を意味します。

【関連する用語】:お釈迦様涅槃諸行無常祇園精舎竹林精舎彼岸涅槃経頭北面西右脇臥仏教涅槃図涅槃仏涅槃会花祭り悟り天上天下唯我独尊

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー