献花料

【読み方】けんかりょう

献花料とは何ですか?簡単に

献花料(けんかりょう)とは、キリスト教のお葬式で遺族に渡すお金(仏教でいうお香典)のことです。

キリスト教には、「お香典」という言葉がないため、「献花料」としてご遺族にお渡しします。

地域によっても作法が異なり、一般的には献花料のお返しは後日とされますが、北海道や一部の地域では献花料を受付でお渡しすると、領収書を受け取り、その場でお返しがされます。

ちなみに「供花料」と「献花料」は、別のものです。

献花料の金額相場

献花料は、故人との間柄で金額が変わります。

間柄 金額
両親 5万円~10万円
兄弟・姉妹 3万円~5万円
祖父母 1万円~5万円
おじ・おば 1万円~3万円
勤務先の上司・同僚 5,000円~1万円
勤務先の上司・社員の家族 3,000円~1万円
友人・知人 5,000円~1万円

【関連する用語】:

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー