05-5

お墓の費用はいくら?!相場まとめ

お墓を購入するのに、いくらかかるのかよく分からない、という方も多いのではないでしょうか。

今回は、「お墓を建てるのにかかる費用」の内訳や相場について、やさしく解説します。

お墓を購入するのにかかる費用

永代使用料 墓石代 年間管理費

お墓を購入するためには、「永代使用料(えいたいしようりょう)」「墓石代」「年間管理費」の3つの費用がかかります。

永代使用料(えいたいしようりょう)

永代使用料

永代使用料とは、お墓を建てるために借りる土地代のことです。最初に永代使用料を支払ってしまえば、その後にかかるのは「年間管理費」のみになります。

よく「お墓を購入する」という表現をしますが、実際にはお墓を建てるスペースを借りているだけなんですね。そのため土地の所有権はお寺や霊園にあります。

永代使用料の相場は、全国平均で「約50万円~80万円」。地域によって金額は異なり、東京の都心部では200万円ほどかかるところもあります。

墓石代

墓石代

墓石代とは、お墓を建てるのにかかる墓石の費用のことで、石材費・彫刻費・設置費用を含みます。

墓石代の相場は「約100万円~200万円」となっており、どんなお墓にするか(石の種類、大きさ、デザイン)によって金額が変わります。

お墓に使用される石の種類は、国産・外国産あわせて100種類以上もあるので、お墓を作る際には石材店に値段をしっかり確認するようにしてください。

年間管理費

年間管理費

年間管理費とは、墓地を管理してもらうために毎年支払う費用のことです。

年間管理費の相場は、「数千円~1.5万円」程度であり、共用スペースを管理するために必要な費用になります。

墓地(埋葬場所)の種類によっても料金が異なり、市区町村(自治体)が管理する公営墓地はコストが安いです。

墓地の年間管理費
運営・管理者 費用相場
公営墓地 市区町村(自治体) 約2,000円~1万円
民営墓地 民間の団体 約5,000円~1.5万円
寺院墓地 お寺 約5,000円~1万円

墓地タイプ別の費用

樹木葬(じゅもくそう)

樹木葬

樹木葬とは、墓石を建てる代わりに、木や花をシンボルにするお墓のことです。

樹木葬の相場は「約50万円」となっており、石のプレートを設置するなど、オプションによってさらに費用がかかります。

納骨堂(のうこつどう)

納骨堂

納骨堂は、ご遺骨を収蔵することができる「室内型のお墓」のことです。

納骨堂の相場は、仏壇・ロッカー式で「約30万円~」、自動搬送式で「約70万円~」となっています。

散骨(さんこつ)

散骨

散骨は、遺灰を海や山にまく埋葬方法です。

散骨の相場は、「数万円~40万円程度」となっています。

散骨を業者にお任せする場合は「5万円程度」ですが、クルーザーを貸し切って家族だけで行うチャーター海洋散骨の場合は「40万円程度」かかります。

共同墓(きょうどうはか)

共同墓

共同墓とは、他人同士を一緒に納骨するお墓のことです。「合葬(がっそう)・合祀(ごうし)墓」「永代供養墓(えいたいくようぼ)」「集合墓」ともいわれます。

共同墓の相場は、プランによっても異なりますが「約3万円~50万円」となっており、新たにお墓を建てるよりも費用を安く抑えられます。

この記事を家族・友だちに教える

スポンサーリンク

関連記事

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

ホーム 検索 メニュー