鯨幕

【読み方】くじらまく
【別名】蘇幕
【英語】black and white striped curtain

鯨幕とは何ですか?簡単に

鯨幕(くじらまく)とは、「お通夜や告別式で張られる、白と黒の縦じまが描かれた幕」のことです。

名前の由来は諸説あり、クジラの見た目(背中が黒く、お腹が白い)からきた説と、鯨の皮が黒く、脂肪部分が白い、ことからきたという説があります。

黒は高貴な色とされ、江戸時代までは、結婚式などのお祝いごとでも使われていましたが、西洋の文化が入ってきた明治時代から「黒」は弔辞のイメージが強くなり、お葬式のみで使われるようなりました。

鯨幕は、冠婚葬祭の行事で使ってよいものであり、実際に、皇室の結婚式では「白と黒の鯨幕」が使われます。

鯨幕

鯨幕の例。白と黒の幕です。

【関連する用語】:

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー