守り刀

【読み方】まもりがたな
【別名】枕刀
【英語】sword for self-defense

守り刀とは何ですか?簡単に

守り刀(まもりがたな)とは、ご遺体を北向きに寝かせ、故人の胸元もしくは枕元におく刀のことです。

日本では、古くから行われている風習で、守り刀には亡くなった方を魔物から守る「魔除け」の役割があります。かつては、日本刀や短刀が用いられましたが、最近では袋入りの小刀や木製のものを用いています。

守り刀の意味

仏教では、死後49日間を「中陰」と呼び、故人がこの世からあの世へむかう時期として考えられています。そして、この時期に故人が極楽浄土に無事たどり着けるよう「追善供養」を営む風習があります。守り刀は、そのお守りとして用いられます。

【関連する用語】:枕直し枕飯枕経死水死装束経帷子頭陀袋枕経脚絆枕飾り六文銭北枕仏衣白足袋草鞋三角頭巾

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー