死装束

【読み方】しにしょうぞく
【英語】burial clothes

死装束とは何ですか?簡単に

死装束(しにしょうぞく)とは、亡くなった方に着せる着物のことです。

白一色の和服で、左前を合わせて着せます。

近年では、故人が生前愛用していた着物や洋服を、死装束として着せることも増えています。

死装束の例

【死装束の一式】

  • 経帷子(きょうかたびら)
  • 笠(かさ)
  • 三角頭巾(さんかくずきん)
  • 杖(つえ)
  • 手甲(てっこう)
  • 頭陀袋・六文銭(ずだぶくろ・ろくもんせん)
  • 数珠(じゅず)
  • 脚絆(きゃはん)
  • 白足(たび)
  • 草履(ぞうり)

【関連する用語】:

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー