納経料

【読み方】のうきょうりょう

納経料とは何ですか?簡単に

納経料(のうきょうりょう)とは、納経を行い「ご朱印」をいただいたお礼としてお渡しするお金のことです。

お経を書き写すことを写経(しゃきょう)といい、この写経をお寺に納めることを「納経(のうきょう)」といいます。

納経した証明として、「納経帳、掛け軸、白衣」に朱印をいただきますが、そのお礼の気持ちとして「納経料」をお支払いします。

納経料は、お布施と同じく「感謝の気持ち」になりますので、決まった金額はありません。お寺によっては無料のところもありますが、一般的な相場は次のとおりです。

【納経料の相場】

掛け軸の納経料:500円
納経帳の納経料:300円
白衣の納経料:200円

【関連する用語】:

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー