忌事

【読み方】いみごと
【英語】avoid things

忌事とは?

忌事(いみごと)とは、「忌み嫌う(いみきらう)べきこと」 を指し、けがれたものを遠ざけるべき、という意味があります。

忌事は英語で「avoid things」と翻訳されます。

忌事があったときは、結婚式を欠席すべき?

忌事があったときは、結婚式などお祝い事への出席は避けるのが一般的です。

忌中(四十九日までの間)は、神社の鳥居をくぐってはいけないとされているため、結婚式の出席は遠慮したほうがよいでしょう。

自分の結婚式が忌中と重なった場合

結婚式を「延期」するのが望ましいですが、もし忌中で挙式する際には、両家でじっくり相談してから決めましょう。

友人や知人の結婚式が忌中と重なった場合

事情を説明し「欠席」するのが望ましいです。事情を説明したうえで、相手方がしきたりにこだわらず、出席を望んでいる場合は、挙式に参列しても構いません。

忌事(いみごと)と弔事(ちょうじ)の違い

「忌事(いみごと)」 と 「弔事(ちょうじ)」。この2つの言葉は混合しがちですが、次のような意味の違いがあります。

弔事(ちょうじ)は、お通夜・葬儀・告別式・火葬など、人の死にともなう儀式を意味します。

それに対して、忌事(いみごと)は “忌み慎むべきこと” を指し、人の死だけでなく、“けがれたものを遠ざけるべき” という広い意味があります。

【関連する用語】:

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー