離檀料

【読み方】りだんりょう

離檀料とは何ですか?簡単に

離檀料(りだんりょう)とは、墓じまいをしてお寺を離れる際に、寺院にお渡しするお布施のことです。

近年は、お墓の継承者がいなかったり、遠方でお墓参りにいけないといった理由から、いまのお墓を撤去もしくは、引越しをする人も増えています。

離檀料は、これまでお世話になったことへの感謝の気持ちとして包むものであり、決まった金額はありません。一般的には、「3万~15万円」程度をお支払いするのが相場で、法要1回分のお布施の金額が目安といわれています。

離檀料は、無地の白い封筒に「お布施」と記載し、その下に苗字を書きます。

※浄土真宗では離檀料は必要ありません。

【関連する用語】:お布施永代供養料檀家祈祷

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー