02-4

エンディングノートの書き方

エンディングノートを書き始めてみたものの、「何を書いたらいいんだろう?…」と、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

今回は、エンディングノートに書くこと、書き方についてやさしく解説します。

エンディングノートに書くこと&書き方

エンディングノートには自分の情報を記録し、大切な人に伝える役割があり、主に次の5つのことを書きます。

  • プロフィール
  • 自分史
  • 重要な情報(資産、介護、相続、お葬式のことなど)
  • 家族へのメッセージ
  • その他(ご家族・友人について、伝えたいこと)

プロフィール

履歴書

まずは自分のプロフィールから書き始めましょう。エンディングノートのベースは「履歴書」です。

  • 名前
  • 生年月日
  • 血液型
  • 身長/体重
  • 住所
  • 本籍
  • 学歴/職歴
  • 勤務先
  • 緊急連絡先
  • 資格

自分史

過去 現在 未来

自分がどんな人生を歩んできて、どんな性格で、何が好きか、パートナーとはどこで出会ったのかなど、自分自身のこと(自分史)を書き込んでいきます。

【過去】思い出リスト
【現在】好きなことリスト
【未来】やりたいことリスト

過去・現在・未来の3つの時間軸で考え、その時々で感じた想いなど、生い立ちから書き始めて人生ストーリーを作りましょう。

重要な情報(資産、介護、相続、お葬式のことなど)

デジタルデータ 資産・ローン 医療・介護 お葬式・お墓 相続

ご家族に共有したい重要な情報をまとめます。

  • 資産・ローン
    貯金、負債(ローン)、銀行口座、クレジットカード、年金、保険、不動産、金融証券など
  • 医療・介護
    健康保険、介護、医療費、延命措置(終末期医療の希望)など
  • お葬式・お墓
    生前整理、お葬式、お墓、法要など
  • 相続
    戸籍謄本、遺言書、遺産相続など
  • デジタルデータ
    パソコンやスマートフォンのログイン情報、webサイトのID・パスワードなど

いざというときご家族が困らないために、これらの情報をはじめ、お葬式に呼んでほしい人や、荷物・データの処分方法など、自分の希望もしっかり書いておきましょう。

家族へのメッセージ

エンディングノートを抱える夫婦

家族へ伝えたいメッセージを書き残します。

エンディングノートは家族に贈る最期のラブレター。日頃、感謝の言葉を伝える機会がないという方も、自分の想いを伝えるよい機会です。

気にかかっていることや謝りたいことなど、タイミングがなく、長年胸の中にしまい込んでしまっていることはありませんか?そうした想いを綴りましょう。

その他(ご家族・友人について、伝えたいこと)

その他、家族構成、交友関係、連絡先、遺品整理(データの保管場所)、死後どうして欲しいかなど、自分の希望や身の回りについて、家族に知っておいて欲しいことを書き残します。

エンディングノートの書き方まとめ

エンディングノートの書き方に決まったルールはなく、すべての項目を埋める必要も、順番通りに書く必要もありません。

「自分と家族にとって重要な情報、大切な人に伝えたい想い」が書かれていれば良いので、まずは書けるところから書いていきましょう。

この記事を家族・友だちに教える

スポンサーリンク

関連記事

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

ホーム 検索 メニュー