釈迦に説法

【読み方】しゃかにせっぽう
【英語】Don't try to teach your grandmother to suck eggs

釈迦に説法とは何ですか?簡単に

釈迦に説法(しゃかにせっぽう)とは、「その道のことを知り尽くしている人に、それを教えようとする愚かさのたとえ」を意味します。

使い方は主に2つあり、
1つ目は「自分より詳しい人に、ものを教えている愚かさを例える場合」。
2つ目は「すでに、相手がその分野のプロであることを知っていながら、ものを教えないといけない時に、謙遜していう場合」。

「釈迦に説法」ということわざは、仏教の教えを説いたお釈迦さま本人に、仏教の教えを聞かせる、という愚かな行為に由来しています。

釈迦に説法の類語 河童に水練、猿に木登り、孔子に悟道

【関連する用語】:説法お釈迦様

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー