脇侍

【読み方】わきじ、わきざむらい、きょうじ
【別名】脇士、夾侍、脇立
【英語】flanking image

脇侍とは何ですか?簡単に

脇侍(わきじ)とは、仏さまの両脇につき添い、悟りをサポートする存在のことです。明王(みょうおう)・天部(てんぶ)・菩薩(ぼさつ)などがそれにあたります。

仏像や絵画では、本尊の左右に配置または描かれます。

◎各宗派の「中尊」と「脇侍」の組み合わせ

【真言宗】
中尊:大日如来
脇侍:(右)弘法大師、(左)不動明王
【浄土宗】
中尊:阿弥陀如来
脇侍:(右)善導大師、(左)法然上人
【真宗】
中尊:阿弥陀如来
脇侍:(右)親鸞聖人、(左)蓮如上人
【臨済宗】
中尊:釈迦如来
脇侍:(右)道元禅師、(左)瑩山禅師
【曹洞宗】
中尊:釈迦如来
脇侍:(右)道元禅師、(左)瑩山禅師
阿弥陀三尊像(中尊阿弥陀如来の左右に位置するのが脇侍)

阿弥陀三尊像(Wikipedia 参照)

【関連する用語】:弥勒菩薩本尊阿弥陀如来 観音菩薩 勢至菩薩 中尊 明王 三尊仏 如来 菩薩 涅槃 地蔵菩薩 大仏 釈迦如来 大日如来 五大明王

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー