六道

【読み方】りくどう、ろくどう
【別名】五趣六道
【英語】the six realms

六道とは何ですか?簡単に

六道(りくどう、ろくどう)とは、人が死んだら生まれ変わる「6つの世界」のことです。

人は良いことをすれば「極楽浄土」へ行き、悪いことをすれば「地獄」へ落ちるといわれます。

仏教では、「天道」「人間道」「修羅道」「畜生道」「餓鬼道」「地獄道」の6つの世界があり、生前の行いで、死後の世界が決まると考えられています。

六道の辻

六道の辻

【関連する用語】:輪廻転生南無妙法蓮華経南無阿弥陀仏三業三尊仏涅槃六灯籠菩薩如来葬送儀礼提灯天部悟り阿修羅吉祥天涅槃会涅槃仏本覚

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー