02-1

エンディングノートとは?年代別の書き方について解説!

終活をするうえで欠かせないのがエンディングノートです。

今回は、「エンディングノートとは何か?役割やメリット、年代別に書くエンディングノート」についてやさしく解説します。

エンディングノートとは?

エンディングノート

エンディングノートは、自分が亡くなったとき、あるいは病気やケガ、認知症で判断能力が衰えてしまったときに備えて、必要な情報や希望を書いておくノートです。

遺言書のような法的効力はありませんが、終活のさまざまな場面で役立ちます。

終活は人生の最期に向けての準備、そして、今をよりよく生きるための活動であり、エンディングノートは自分らしく生きるための指針になります。

エンディングノートの役割とメリット

エンディングノートを抱える夫婦

エンディングノートには、次のような役割があります。

  • 自分史として活用
  • 気持ちを整理して不安をなくす
  • 将来のために備える
  • 自分らしく今を生きるために
  • 自分の希望を伝える

自分史として活用

エンディングノートは、生い立ちやこれまでの人生をまとめた「自分史」として活用できます。

自分が生きてきた証をご家族や孫など後世にのこすことができ、また自分という一人の人間を見つめ、これからの人生における「生きがい」を見つけることにもつながります。

気持ちを整理して不安をなくす

ご自分を客観視することで、いまの自分の立場や抱えている問題が明らかになります。

現状を把握できれば、解決の糸口が見えてくるため、これからの人生をどう生きるのかを考えるヒントになるでしょう。

将来のために備える

エンディングノートを書くことで、老後資金や遺産相続などの経済的な準備をはじめ、医療や介護、お墓やお葬式のことなど、将来に備えることができます。

自分らしく今を生きるために

終活は人生の最期にむけた準備だけでなく、いまを自分らしく生きる活動であり、エンディングノートは自分を映し出し、これからの人生をより豊かにしてくれる未来ノートにもなります。

自分の希望を伝える

エンディングノートを書いておくことで、病気や認知症になったときでも、周りに自分の情報や介護・医療に関する希望を伝えることができます。

また亡くなったあとに、お墓やお葬式、遺産相続など、のこされた家族が死後の手続きをスムーズに進める手がかりにもなります。

年代別に書くエンディングノート

年代別のエンディングノート

エンディングノートは年齢に関係なく、何歳からでも書き始めることができます。

20代「自己投資ノート」

エンディングノートを抱える20代

学生から社会人への転換期である20代は、人生のスタートライン。将来を左右する大事な時期であり、経済的にも自立する世代です。人生の目標や、どんな自分でありたいかをノートに書き記し、自己投資ノートとして活用しましょう。

20代で「エンディングノート」を書くことで、これからの人生を見つめるきっかけになります。

30代「キャリア計画ノート」

エンディングノートを抱える30代

30代といえば、結婚をして家庭をもったり、子供ができたりと、人生の3大資金「教育・住宅・老後」のための準備が必要になってきます。これからの家族の歴史を築くために、キャリア計画をしっかり立てましょう。

40代「生活設計ノート」

エンディングノートを抱える40代

40代といえば、仕事でも家庭でも大きな責任を背負う世代です。40歳は人生のターニングポイントでもあり、これからの人生をどう過ごすか、「生活設計」をしっかり立てましょう。

50代「セカンドライフ準備ノート」

エンディングノートを抱える50代

50代といえば、上司が退職し始め、ご自分の定年を考え始める世代です。人生のセカンドライフに向けた準備期間であり、老後資金や定年後の生活に備えましょう。

60代「第2の人生ノート」

エンディングノートを抱える60代

定年退職を迎えると、生活はガラリと変わります。収入と支出のバランスを考え、無理のない生活プランを立てることが大事です。その上で、新しい趣味に挑戦したり、夫婦で旅行計画を立てて、第2の人生を楽しみましょう。

70代「自分史ノート」

エンディングノートを抱える70代

70代は人生の最期について考え始める世代です。認知症や寝たきりになったときの介護や、お葬式・お墓のことなど、万一のときにどうして欲しいか、希望を書き加えてください。

平均寿命は年々延びており、100歳まで生きることを考えて計画を立て、家族への想いもしっかり書き、悔いの残らないようにしましょう。

この記事を家族・友だちに教える

スポンサーリンク

関連記事

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

ホーム 検索 メニュー