検認

【読み方】けんにん
【別名】遺言書の検認
【英語】probate

検認とは何ですか?簡単に

検認(けんにん)とは、家庭裁判所が、相続人などの立会いのもと、遺言書を開封し、その内容を確認することです。

遺言書を作成した人が亡くなった場合、遺言書を預かっていた人、あるいは発見した人は、家庭裁判所に「遺言書の検認」を申し立てます。

これは、遺言書の存在を明らかにし、後日の偽造や隠蔽(いんぺい)を防ぎ、遺言書を確実に保存するため(証拠保全)に必要な手続きです。

【関連する用語】:遺言自由の原則遺言遺言書自筆証書遺言家庭裁判所相続人被相続人相続放棄遺言秘密証書遺言遺言執行者名義変更法定相続人相続財産遺留分

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

「検認」についてもっと知りたい方

関連用語

ホーム 検索 メニュー