みなし墓地

【読み方】みなしぼち
【別名】野墓

みなし墓地とは何ですか?簡単に

みなし墓地(みなしぼち)とは、墓地埋葬法が制定される前に、設けられていた墓地のことです。

墓地・霊園を建てるには許可が必要であり、現在、個人墓地を新たに建てることは難しくなっています。

ですが、墓地埋葬法が制定される前に設けられていた墓地は、すべて「墓地埋葬法10条」に基づいて許可をもらっているものと “みなされている” としたことから、みなし墓地と呼ばれるようになりました。

みなし墓地には、次の3つの種類があります。

  • 地域の共同墓地
    集落や地域のコミュニティによって運営されている墓地
  • 宗教団体による共同墓地
    カトリックや天理教など、1つの同じ宗教を信じる人たちで建てられた墓地
  • 個人墓地
    自分の所有する土地に、先祖代々を埋葬している墓地

【関連する用語】:返還墓地個人墓個人墓地墓地埋葬法墓埋法

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー