2020年のお彼岸はいつからいつまで?春秋のお彼岸

年2回、春と秋にやってくる「お彼岸」。名前は知っていても、その時期やお墓参りのタイミングなど、詳しく分からないという方もいると思います。

そこで今回は、「2020年のお彼岸の時期」「お墓参りをする理由」について解説します。

2020年の春秋のお彼岸はいつからいつまで?

春のお彼岸 2020年

春のお彼岸

春のお彼岸は、3月の「春分の日」を中日として、前後3日間をあわせた7日間です。

彼岸入り 3月17日(火)
中日
(春分の日)
3月20日(金)
彼岸明け 3月23日(月)

秋のお彼岸 2020年

秋のお彼岸

秋のお彼岸は、9月の「秋分の日」を中日として、前後3日間をあわせた7日間です。

彼岸入り 9月19日(土)
中日
(秋分の日)
9月22日(火)
彼岸明け 9月25日(金)

スポンサーリンク

お彼岸の日程の決め方

彼岸入り 中日 彼岸明け

お彼岸(ひがん)とは、毎年「春分の日」と「秋分の日」を中日として、前後3日間を合わせた7日間のことをさします。

お彼岸に入る日を彼岸入り(ひがんいり)、お彼岸が終わる日を彼岸明け(ひがんあけ)といいます。

お彼岸にすること

お彼岸にすることについては、春秋のお彼岸には何をするの?で紹介しています。

お彼岸のお墓参りはいつ行けばいいの?

お彼岸のお墓参りは、お彼岸の期間であれば、いつお墓参りをしてもよいとされています。

「彼岸いり」「中日」「彼岸あけ」とそれぞれ呼び名はありますが、この1週間はすべて「お彼岸」にあたるので、いつお墓参りに出かけても構いません。ご自身の都合の良い日を選んでお参りをするとよいでしょう。

なぜお彼岸にお墓参りをするの?

彼岸 此岸

実は「お彼岸にお墓参り」という文化は、日本独特の風習です。

日本では、川をはさんだ向こう岸、すなわちあの世のことを「彼岸(ひがん)」、私たちが生きるこの世のことを「此岸(しがん)」と例えています。

春分の日と秋分の日には、太陽がほぼ真東から昇り、真西へと沈むため、それにより彼岸と此岸とが通じやすくなります。

お彼岸は、ご先祖さまと私たちが交流する行事であり、そのための場所が「お墓」なんですね。

関連する用語:

この記事を家族・友だちに教える

関連記事

注目の記事

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

ホーム 検索 メニュー