先勝

【読み方】せんしょう

先勝とは?意味を簡単に

先勝(せんしょう)とは、「午前は吉、午後は凶」の日です。

「先んずれば勝つ」という意味があり、何事も急ぐと良い日とされています。六曜の中では3番目に良い日です。

先勝とはどんな日?

先勝 午前は吉、午後は凶

先勝は、何事も急ぐと良い日とされ、「午前~午後14時までは吉」ですが、午後14時を過ぎると「凶」に変わります。

そのため、お祝いごとは午前中に済ませるようにしましょう。

先勝にやっていいこと&ダメなこと

やっていいこと ダメなこと

先勝のお祝いごと

「結婚式」「入籍」にもおすすめ

「先勝」は、大安・友引に次いで、3番目に人気の「結婚式・入籍日」です。

結婚式や入籍といえば、「大安」「友引」に行われることが多いですが、式場の予約がとれなかったり、役所に行けないこともあります。

先勝も午前中なら、結婚式や入籍などに縁起が良いのでおすすめです。

「納車」「引っ越し」も午前中ならOK

「新車の納車」や「引っ越し」は、大安や先勝の日を選ぶとよいでしょう。

とくに引っ越しなどは、大安を希望する人が多く、費用も高く設定されていることが多いので、日取りをずらして、先勝の午前中などに行うのもおすすめです。

先勝の忌みごと

「お通夜」はNG

お通夜は、一般的に夕方から始めて、夜通し亡くなった方をとむらう行事です。夕方以降は凶日にあたるため、「お通夜」は先勝の日を避けたほうがよいでしょう。

「お葬式」「法事」は午前中ならOK

お葬式や法事は先勝の「午前中」に行うのであれば問題ありません。基本的に、「友引」以外であれば、そこまで神経質にならなくても良いでしょう。

【関連する用語】:六曜

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー