推定相続人

【読み方】すいていそうぞくにん
【英語】heir presumptive

推定相続人とは何ですか?簡単に

推定相続人(すいていそうぞくにん)とは、「現時点で、相続が発生した場合に、相続人となるであろう人」ことです。

「配偶者」や「子ども」がいれば、推定相続人ということになります。

人が亡くなり相続が発生したときは、法律で定められた「法定相続人」が相続人となります。ですが、まだ本人が亡くなっていない時点では、相続人は確定していません。

つまり、現時点で、相続権のある人(相続人となるであろう人)のことをいいます。

例えば、Aさんに子どもがおらず、「配偶者」と「親」がいる場合、「配偶者」と「親」が推定相続人となります。

【関連する用語】:公正証書遺言被相続人相続人遺言相続欠格相続廃除遺贈認知遺言書

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー