05-1

お葬式の種類と費用

お葬式にもさまざまな種類があり、今回は「お葬式の種類と費用」についてやさしくご紹介します。

自分や家族にとって悔いのない理想のお葬式にするために、まずはお葬式を知ることから始めましょう。

お葬式の種類

お葬式の種類

一般葬

一般葬

一般葬とは、身内だけでなく、友人、職場、ご近所など、さまざまな方を広く呼んで行う一般的なお葬式です。

生前に付き合いのあった人との縁を大切にした葬儀であり、しきたりや人間関係を重視したい方に向いています。

家族葬

家族葬

家族葬とは、家族や親戚、ごく親しい友人だけでひっそりと行うお葬式です。

身内だけでゆっくりとお別れができ、費用も抑えれることから、近年は「家族葬」を希望する人が増えています。

社葬・合同葬

社葬・合同葬

社葬とは、会社の代表者・役員などが亡くなったときや、業務中に社員が殉職したときに、企業が施主となって営まれるお葬式です。

遺族や複数の会社が共同で執り行う場合は「合同葬」と呼びます。

事前に家族だけで「密葬」を行い、社葬・合同葬は後日「本葬」として執り行われることが多いです。

密葬(みっそう)

密葬

密葬(みっそう)とは、社葬・合同葬を本葬として行うのを前提に、前もって遺族・親族だけで行うお葬式のことです。

本葬は準備に追われたりと大変なため、遺族が故人と最期のお別れをゆっくりと過ごすために営まれます。

1日葬

1日葬

1日葬とは、前日にお通夜、当日にお葬式・告別式と2日にわたって行うところを、お通夜なしで火葬までを1日で済ませるお葬式です。

喪主の負担も軽くなるため、家族葬と並んで人気のお葬式でもあります。

直葬

直葬

直葬とは、通夜、お葬式、告別式をせずに「火葬のみ」で済ませるお葬式です。

費用は最も抑えられますが、お別れの時間が十分にとれないため、後悔や問題が残ってしまうこともあります。

自由葬

自由葬

最近は、形式にとらわれない自由なお葬式(自由葬)も増えています。

自由葬の中には、宗教のしきたりによらない「無宗教葬」、故人が好きだった曲を流したり生演奏しながら見送る「音楽葬」なども含まれます。

宗教葬

宗教葬

故人に信仰する宗教があった場合、その宗教儀礼(作法)に則ったお葬式を行います。

宗派によって作法が違ってきますので、自分の家の宗教・宗派について把握しておきましょう。

無宗教葬

無宗教葬とは、宗教のしきたりによらないお葬式です。

日本の約8割ほどが、キリスト教や仏教など、それぞれの作法に則って行う「宗教葬」ですが、近年は宗教にこだわらない「無宗教葬」も増えています。

自然葬

自然葬

自然葬とは、遺灰を海や山にまいたり、自然にかえすお葬式です。

  • 自然にかえす「自然葬」
  • 海にまく「海洋葬」
  • 木のまわりに埋葬する「樹木葬」
  • 遺灰入りカプセルを宇宙に打ち上げる「宇宙葬」
  • 大空に放つ「バルーン葬」

など…。

樹木葬は、家族で1つの樹木にを共有して埋葬する「集合型」、1人1本の樹木に埋葬する「個別型」、他人の遺灰と一緒に埋葬する「合祀(ごうし)型」などがあり、それぞれの埋葬方法によって費用が異なります。

※遺骨は粉末状にする必要があり、そのままの状態で散骨するのは墓地埋葬法に違反します。さまざまな規制やルールがあるので、必ず葬儀社や専門業者に相談しましょう。

お別れ会・偲ぶ会(しのぶかい)

お別れ会・偲ぶ会

お別れ会とは、家族葬・密葬を行った後に、友人・知人・職場関係など、故人と縁のある方を招いて、お別れをしのぶ会です。

「偲ぶ会(しのぶかい)」「送る会」など、さまざまな名称があります。

お葬式の費用

お葬式の平均費用は次のとおりです。

お葬式の費用
種類 費用相場
一般葬 100万円~200万円
家族葬 40万円~100万円
密葬 50万円~100万円
1日葬 30万円~50万円
直葬 10万円~30万円
自然葬 自分で散骨:3万円~5万円
海洋葬:5万円~30万円
樹木葬:5万円~80万円

葬儀費用の平均総額は「約196万円」となっています。(※日本消費者協会「第11回 葬儀についてのアンケート調査」)

お葬式はお金や準備など遺族の負担も大きいため、最近は負担の少ない「家族葬」や「1日葬」を選ぶ方が増えています

葬儀費用は非課税

葬儀費用は「相続税の控除の対象」となるため、相続税の支払いを減らすことができます。領収書を必ず受け取り、保管しておきましょう。

この記事を家族・友だちに教える

スポンサーリンク

関連記事

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

ホーム 検索 メニュー