04-1

暮らしを支える社会保障制度

国民の暮らしを支える社会保障制度。

今回は、社会保障制度とは何か、「社会保障制度の4つの柱」について、イラストでわかりやすく解説します。

社会保障制度とは?わかりやすく解説!

病気やケガ、災害などで一時的に自立した生活が送れなくなったときに、社会全体でサポートしてくれるのが「社会保障制度」です。

社会保障制度は、主に4つの柱で構成されています。

社会保障制度の4つの柱

社会保険

年金手帳

社会保険とは、国民年金や健康保険など、一般的に社会保障としてイメージされている制度です。社会保険は大きく次の4つに分けられます。

  • 公的年金
    国民年金、厚生年金など
  • 公的医療保険
    国民健康保険、健康保険、後期高齢者医療制度など
  • 公的介護保険
  • 労働保険
    雇用保険、労災保険

社会福祉

介護する人

社会福祉とは、子どもや障がい者、高齢者などの生活をサポートする支援制度です。

  • 高齢者福祉
    各種検診の割引、人間ドック・脳ドック費用助成、健康相談(原則無料)、予防接種の費用負担、介護保険の利用者負担・保険料の減免措置など
  • 障害者福祉
    心身障害者医療助成各種手当、自立支援医療制度など
  • 母子・寡婦(かふ)福祉
  • 児童福祉
    児童手当、児童扶養手当など

公的扶助

生活保護

公的扶助とは、経済的な理由で生活できない困窮者(こんきゅうしゃ)に、最低限の生活を保障する制度です。

柱は「生活保護」であり、生活福祉資金貸付制度、公営住宅制度などがあります。

生活扶助(8種類)

憲法第25条「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を大原則として、すべての国民に生活保護を受ける権利を保障しています。

生活保護費の支給だけでなく、各種税金や保険料の免除、医療費の免除、NHK受信料の免除などの優遇措置もあります。

公衆衛生

医者

公衆衛生とは、私たちが病気にかからないように、予防や衛生環境を整える制度です。主に、保健所や保健センターで行う検診や、衛生管理指導、感染症予防対策などがあります。

社会保障制度の3原則

社会保障制度の3原則 ①申請主義 ②拠出制・無拠出制 ③自治体によって制度内容が異なる

申請主義

社会保障は、知らないと使えません!

日本の社会保障制度はとても充実しており、さまざまな保障があるのですが、国はそれを教えてくれません。

原則「自己申請」であり、国の医療制度を受けるためには自分で調べるしかないのです。

拠出制と無拠出制

保険料を支払うことを「拠出(きょしゅつ)する」といいます。

年金や医療・介護は保険料を負担していますが、他の社会制度は原則として負担がありません。生活保護や児童扶養手当などは「無拠出制」であり、税金からすべてを賄っています。

自治体で制度内容が異なる

社会保障制度の内容はお住いの市区町村によっても違います。各自治体のホームページを調べ、自分に該当しそうであれば役所に問い合わせてみてください。

この記事を家族・友だちに教える

スポンサーリンク

関連記事

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

ホーム 検索 メニュー