庵治石

【読み方】あじいし
【英語】aji stone

庵治石とは?

庵治石(あじいし)とは、香川県高松市で産出される、質の高い花崗岩・御影石(みかげいし)のことであり、日本三大花崗岩の一つとしても知られ、世界に誇る最高級国産石材の一つです。

花崗岩のダイヤモンドと呼ばれており、評価の高い石材。品質が非常に優れており、値段は世界一となっています。

採掘した庵治石のうち墓石に使われるのは、わずか1%ほどと希少価値が極めて高いのが特徴です。

庵治石の産地・特徴

庵治石の産地は「香川県高松市 牟礼(むれ)町/庵治(あず)町」です。

庵治石は正式名称「黒雲母細粒花崗閃緑岩(くろうんもさいりゅうかこうせんりょくがん)」と呼ばれ、主成分は石英と長石、そこに細かな黒雲母(くろうんも)が含まれています。

磨くほどに美しい艶が増す

庵治石は、きめ細かな地肌が特徴で、磨けば磨くほど艶が増していきます。

また、水晶並の硬度を持っており、密度が高いため水分を吸収しにくく、経年劣化も少ないため、墓石用の石材として人気が高いです。

外観の美しさだけでなく、墓石としての優れた特色を備えています。

【関連する用語】:

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー