2030年問題とは何か?図解でわかりやすく解説します!

2030年には、人口の約1/3が高齢者になり、労働力人口の減少、社会保障費の増大など、さまざまな問題が懸念されています。

今回は、「2030年問題とは何か?高齢化と労働力不足が引き起こす問題」について、図解でわかりやすく解説します。

2030年問題とは?

2030年問題

2030年問題とは、2030年には「人口の1/3が高齢者」になり、労働力人口の減少が懸念されている問題です。

2030年には「3人に1人」が高齢者に!

高齢化率(65歳以上)の人口推移

参考:内閣府「第1章 高齢化の状況」

上記は、内閣府による2030年までの高齢者の人口推移(予測)です。

2030年をむかえる頃には、2010年に約1億2800万人だった日本の総人口が約1億1,900万人まで減少し、国民の「3人に1人」が65歳以上の高齢者になると予測されています。

深刻な人手不足

644万人が不足

参考:労働市場の未来推計 2030

2030年には、7,073万人の人材が必要となるのに対し、労働人口が6,429万人しか見込めず、「644万人の人手不足」になると予測されています。

すでに、「航空業界」「IT業界」「観光業界」「介護業界」では労働力不足が顕著化しています。

2030年の超高齢社会が引き起こす問題

①住宅問題「3軒に1軒が空き家に」

3軒に1軒が空き家に...

近年、「空き家問題」が社会を賑わせていますが、国立社会保障・人口問題研究所によると、2030年には「3軒に1軒が空き家」になると予測されています。

②パイロット不足

国際的なパイロットの需要(見通し) 2030年

日本の航空業界に「2030年問題」が襲いかかっています。

航空需要が高まっている一方で、パイロットの数が追い付いていないのが現状です。

国内のパイロットは、40代後半~50代前半に偏っており、この年代が2030年には一斉に退職時期をむかえるため、パイロット不足が危惧されています。

③IT人材不足

約79万人不足

参考:経済産業省「IT 人材需給に関する調査 平成30年度」

この先、IoTや人工知能(AI)の市場拡大が予測されていますが、IT業界では高齢化の一途をたどり、2030年までに最高で「約79万人」のIT人材不足が懸念されています。

④年金問題

「65歳から」に完全移行

(厚生年金の支給開始年齢 ※女性・報酬比例部分)

厚生年金の支給開始年齢が「65歳から」に完全移行するのが2030年です。

年金は働く現役世代が負担しているため、高齢者が増え、労働力が減ることで、「支給額の減少」「支給開始年齢の引き上げ」など、年金制度の見直しが必要になっていきます。

現に政府内では、2030年を目処に、年金の支給開始年齢を「68歳~70歳」に引き上げるプランも検討されています。

⑤医療・介護問題

医師や介護士、病院の数が不足...

超高齢化社会で大きな課題となるのが、「医療」と「介護」の問題です。

2025年、2030年にかけて、介護を必要とする後期高齢者が増え、医療・介護業界の人材・施設が不足するといわれています。

高齢者の数に対して、医師や介護士の数が不足することにより、十分な医療・介護が受けられないという問題が生じます。

2030年問題に向けた対策

働くシニアを増やす

(2030年の増加が期待される働くシニアの人数)

高齢化と人手不足に対して、政府は「生涯現役社会」を掲げ、「定年延長」への動きを進めています。

希望する高齢者が「70歳まで働くことができる」制度を、2021年4月から企業の努力義務とすることを決定しました。

シニアの人が働きやすい労働環境を整備し、就労を促すことで、163万人のシニアの活躍が期待されています。

高齢化と労働力人口の減少への対策

  • 働くシニアを増やす
  • 働く女性を増やす
  • 日本で働く外国人を増やす
  • AIやロボット化などITを活用して、生産性を上げる(労働需要を減らす)

2030年問題のまとめ

2030年には、国民の3人に1人が65歳以上の高齢者となり、労働力不足が懸念されています。

とくに「航空業界」「IT業界」「観光業界」「介護業界」の人手不足が深刻です…。

関連する用語:

この記事を家族・友だちに教える

スポンサーリンク

「2030年問題」についてもっと知りたい方

関連記事

注目の記事

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

ホーム 検索 メニュー