芳名板

【読み方】ほうめいばん

芳名板とは何ですか?簡単に

芳名板(ほうめいばん)とは、供花(きょうか)をいただいた方の名前を、一覧にしてご紹介する案内板のことをいいます。

通常のお葬式では、供花1つ1つに名札を立てて飾られますが、社葬など規模が大きくなれば、花の数も増え、すべての花を飾ることが難しくなります。

そうしたときに、供花を「札を立てた生花」ではなく、名前を一覧に書き出す芳名板の形式をとることが多いです。

生花祭壇を設けるお葬式では、花を贈る代わりに、生花代を現金でお包みするという方法があります。

芳名板を用いることで、参列者から頂いた生花代は祭壇などお葬式の費用にあてることができ、ご遺族の負担も減ります。

ちなみに、書き出される名前の並びに意味はなく、あいうえお順とするのが一般的です。

【関連する用語】:花輪花祭壇弔辞弔電供花供物花環

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー