六文銭

【読み方】ろくもんせん
【別名】冥銭、六道銭、渡し賃

六文銭とは何ですか?簡単に

六文銭(ろくもんせん)とは、亡くなった人を納棺するときに、死装束である「頭陀袋(ずだぶくろ)」に入れる、印刷されたお金のことです。

納棺のときに一緒に納める、副葬品のひとつ。

三途の川の「渡し賃」としての意味があり、六道(天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道)の6人の地蔵菩薩に渡すために必要といわれています。

六文銭

六文銭の例

【関連する用語】:守り刀枕飯副葬品死装束経帷子頭陀袋枕飾り枕団子手甲脚絆六灯籠葬送儀礼草鞋三角頭巾

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー