南無妙法蓮華経

【読み方】なむみょうほうれんげきょう
【英語】Glory to the Sutra

南無妙法蓮華経とは何ですか?簡単に

南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)とは、法華経に帰依する(お釈迦さまを信じ、教えに従う)という意味です。

南無(なむ)は、尊敬をあらわした言葉で「身をささげる、信じて従う」という意味があります。

妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)は、お釈迦さまの教えをまとめたお経のことで、一般的に法華経(ほけきょう)と呼ばれます。

法華経は日蓮宗が一番大切にしている教えであり、法華経こそが、あらゆる人々を救う、最も尊いお経であると、考えられています。

日本の宗教法人の一つである「創価学会」は、法華経に相当します。

【関連する用語】:南無南無釈迦牟尼仏南無阿弥陀仏帰依蓮華念仏踊り念仏数珠日蓮宗親鸞法然六道輪廻転生成仏南無大師遍照金剛

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー