南無阿弥陀仏

【読み方】なむあみだぶつ
【英語】Namu Amida Butsu

南無阿弥陀仏とは何ですか?簡単に

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)とは、「阿弥陀仏に帰依する」という意味で、簡単にいうと「ブッダにすがり、すべてをお任せします」という誓いの言葉になります。

「南無」はサンスクリット語で「礼拝」、つまり、信仰心を示す言葉です。

南無(なむ)・・・信仰をあらわす
阿弥陀仏(あみだぶつ)・・・仏さま(ブッダ)のこと

仏教では、南無阿弥陀仏を唱えることで、極楽浄土に導かれると考えられています。

主に「浄土宗、浄土真宗、天台宗」などの宗派で唱えられています。日蓮宗・日蓮正宗においては、「南無妙法蓮華経」を唱えます。

南無阿弥陀仏のよくある質問(FAQ)

南無妙法蓮華経と南無阿弥陀仏の違いは?

南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)は、「日蓮宗」で唱えられるものです。

南無妙法蓮華経は「 “お釈迦さま” の教えを信仰します」という意味で、信仰する対象が異なります

【関連する用語】:阿弥陀如来念仏踊り念仏称名念仏数珠親鸞法然六道輪廻転生成仏浄土宗浄土真宗他力本願南無妙法蓮華経称名南無釈迦牟尼仏南無大師遍照金剛

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー