六七日

【読み方】むなのか

六七日とは何ですか?簡単に

六七日(むなのか)とは、亡くなってから「42日目」に行う追善供養です。亡くなった日を含めて42日目。

人が亡くなってから49日間までを「中陰」といいます。この期間に、7日ごと計7回の裁きを受け、49日目(四十九日)に審判が下されます。

仏教では、この判決で「来世に生まれ変わる世界」が決まるといわれています。

六七日は、亡くなってから42日目、6回目の審判の日です。

六七日

六七日の中陰法要では、自宅に住職を呼んで読経をしてもらいます。ただし、現在では省略されることが多く、親族のみで行われることがほとんどです。

【関連する用語】:三七日中陰49日五七日

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー