秋の彼岸はいつからいつまで?お彼岸には何をするの?

2019年(令和元年)の、秋のお彼岸の時期は「9月20日(金)~9月26日(木)」です。

年に2回あるお彼岸、今回は秋のお彼岸とはどのように決められて、お彼岸には何をするのかを、わかりやすくお話しします。

2019年の秋のお彼岸はいつからいつまで?

2019年 秋のお彼岸の期間

秋のお彼岸の期間は、「秋分の日」を中日として、前後3日間をあわせた7日間です。

お彼岸に入る日のことを「彼岸入り」、お彼岸が終わる日のことを「彼岸明け」といいます。

2019年の秋のお彼岸の期間

2019年の 秋分の日は「9月23日」ですので、今年の秋のお彼岸の期間は次になります。

2019年(令和元年)の秋のお彼岸の期間
彼岸入り 9月20日(金)
中日(秋分の日) 9月23日(月・祝)
彼岸明け 9月26日(木)

秋のお彼岸には何をするの?

お彼岸の時期には何をすればいいのか?お彼岸の過ごし方を紹介します。

お仏壇、お墓、納骨堂を掃除する

お墓の掃除

お彼岸に決まった過ごし方はありませんが、まず、お墓や仏壇を清めて、きれいに掃除しましょう。

普段は忙しくて、なかなかお墓参りに行けないという方も、お墓の掃除や仏壇のお手入れをする、よい機会になります。

秋のお彼岸の食べ物は「おはぎ」

おはぎ

春は「ぼたもち」秋は「おはぎ」という呼び名があります。

春のお彼岸では「ぼたもち」、秋のお彼岸では「おはぎ」をお供えするのが風習ですので、彼岸入りには、おはぎを用意するとよいでしょう。

ご先祖さまや家族を感じる時間にする

家族

お墓や仏壇をお手入れすると同時に、お彼岸の7日間はご先祖さまや家族のことを考える時間にしましょう。

お彼岸の機会をきっかけに、家族でご先祖さまの話をするのもいいですね。

ご自身を見つめ直し、修行をする

お布施

お彼岸は、ご先祖さまに手を合わせて感謝するだけでなく、人生において大切な「六波羅蜜(ろくはらみつ)」を実践できているかを、見つめ直す時期でもあります。

お彼岸の時期に、6つの徳目「布施、持戒、精進、忍辱、禅定、智慧」を意識し、彼岸入りから1日1つ実践してみましょう。

六波羅蜜とは

  • 布施(ふせ):見返りを求めない施しをする
  • 持戒(じかい):ルールを守り、自分自身を戒める
  • 精進(しょうじん):ひとつのことに集中して、一生懸命努力する
  • 忍辱(にんにく):短気にならず、忍耐をする
  • 禅定(ぜんじょう):こころを落ち着かせ、反省をする
  • 智慧(ちえ):上の5つをふまえ、物事の道理を見極める

お彼岸法要もおすすめ

お彼岸法要

お彼岸の期間には、お寺で「彼岸会(ひがんえ)」や「施餓鬼供養(せがきくよう)」が行われることも多いです。

お墓参りだけでなく、お彼岸法要に参加して、お坊さんと一緒にご先祖さまに手を合わせ感謝するお彼岸を過ごすのもいいでしょう。

関連する用語:秋の彼岸

この記事を家族・友だちに教える

スポンサーリンク

関連記事

注目の記事

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

ホーム 検索 メニュー