香典返し

【読み方】こうでんかえし
【別名】半返し、満中陰志
【英語】present given in return for funeral offering

香典返しとは何ですか?簡単に

香典返し(こうでんかえし)とは、お通夜・お葬式でいただいた香典に対するお返しのことです。

香典返しをするタイミングは、「四十九日の法要」を終えてから1ヶ月以内に、挨拶状を添えてお渡しするのが一般的です。(最近では、お葬式の当日や初七日のタイミングで香典返しを行うケースもみられます。)

表書きには、仏式の場合は「志」、神式の場合は「偲草」と書いて、結び切りの水引をかけます。

全国的には、表書きを「志」と書いて贈る場合が多いですが、西日本では「満中陰志」と書いてお贈りします。

満中陰志

香典返しの例

【関連する用語】:

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー