涅槃寂静

【読み方】ねはんじゃくじょう
【英語】enlightenment leads to serenity

涅槃寂静とは何ですか?簡単に

涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)とは、煩悩や悩みが完全になくなった世界のことで、つまりは「死」を意味します。

仏教の教えで大切な「三法印(さんぼういん)」の1つです。

【三法印】

①諸行無常(しょぎょうむじょう)
この世のものは、絶えず変化しており、永遠はない。という意味。

②諸法無我(しょほうむが)
この世のものは、すべてが影響しあって成り立っており、独立して存在するものはない。という意味。

③涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)
煩悩や悩みが完全になくなった世界のこと。つまりは「死」のこと。

【関連する用語】:入滅諸行無常諸法無我三法印四法印

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー