輪灯

【読み方】りんとう

輪灯とは何ですか?簡単に

輪灯(りんとう)とは、仏壇の中を明るく照らす灯火具(とうかぐ)のことです。

神仏にお供えする灯火をともすための仏具であり、お寺の本堂や仏壇の天井につるして使用します。

灯明は、仏教において「闇を照らす智慧(ちえ)の光」とされており、重要な供養の一つです。

灯火をともす仏具には「灯篭」「燭台」「輪灯」などがあり、浄土真宗では「輪灯」と呼ばれる真鍮(しんちゅう)製の仏具を使用します。

【関連する用語】:雪見灯篭マニ車灯籠お会式墓相

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー