相続財産

【読み方】そうぞくざいさん
【別名】相続遺産、みなし相続財産
【英語】inheritance

相続財産とは?意味を簡単に

相続財産(そうぞくざいさん)とは、「亡くなった人が残した財産」のことです。

相続の対象となる財産は、プラスの資産だけでなく、マイナスの負債や借金の返済義務も含まれます。財産を相続するには「相続税」がかかります。

相続財産に含まれるもの

相続財産には、「相続税のかかる財産」と「相続税のかからない財産」があります。

相続税のかかる財産

次のような財産には、相続税がかかります。

相続税のかかる財産
プラスの資産 預貯金、不動産、土地、自動車、株式、貴金属、宝石、美術品、骨とう品、樹木、金銭債権、ゴルフ場の会員権、電話加入権 など
マイナスの負債 住宅ローン、クレジットカードや医療費の未払金、他人の借金の保証人の立場 など

相続税のかからない財産

次のような財産については、相続税がかかりません。

  • お墓、仏壇、仏具、神棚など
  • 弔慰金、お花代
  • 生命保険金、退職手当金
  • 事故などの損害賠償金
  • 国や地方公共団体などへ寄附した財産

「税法上」と「民法上」の相続財産

相続財産といっても、「税法上」の相続財産「民法上」の相続財産 の2つがあり、具体的に含まれる財産の範囲が変わってきます。

【税法上】=相続税の課税対象となる財産
【民法上】=遺言書や遺産分割の対象となる財産

例えば、生命保険の死亡保険金は、

「民法上」では、相続財産の対象にはなりません。指定された「受取人」の財産であり、遺産分割には含まれません。

ただし、「税法上」では、“みなし” 相続財産として、相続税の課税対象になります。

【関連する用語】:公正証書遺言自筆証書遺言被相続人相続人エンディングノート検認遺言自由の原則遺言銀行口座の凍結除籍謄本みなし財産遺言書

スポンサーリンク

この用語を家族・友だちに教える

※終活アドバイザー® 、行政書士など有資格者が執筆&監修し、専門性・信ぴょう性の高い内容を心がけています。掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。
いちばんやさしい終活ガイドでは、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当サイトまでご一報いただけますと幸いです。

関連用語

ホーム 検索 メニュー